ヘデンバーガイト in クオーツ原石145g

143,000円(税込154,440円)

購入数

内モンゴルで採掘され2013年に日本に紹介されたヘデンバーガイトinクオーツ。リュミエールではミュンヘン2013から初めて入り、当時何度かご紹介していました。この石の独特の魅力とパワーを伝えたのが石の世界では著名な アメリカのガイガー氏だったので、随分話題になりました。

内モンゴルは濃いブルーのフローライトもそうですが、個性的な鉱物が出て来て気になるスポットです。地理的にも近い極東ロシアのダルネゴルスクの鉱物たちにも共通する、植物的なフォルムと佇まい、中間色の色合いが魅力的です。ヘデンベルグ石という鉱物が微細な状態でクオーツに内包されているゆえの、この発色のようです。

表面の密度濃い結晶の連なる脈のようなものが緻密で、その中にレコードやトライゴーニックのキー(窪み)もみられ、滑らかでしっとりした風情があります。パワフルだけど、優しくエレガント・・そんな雰囲気。他には無いこの色と、表面の結晶たちの細かな様子は見ているだけでも心惹かれ、特別なパワー・・を期待することすら忘れてしまいます(笑)が・・

私自身、この石を手に取るのは割と「HELP!」な時の最終手段という感じで、優しい自然界があたり前のように癒してくれる、その純朴でまっすぐな癒しのバイブレーションには確かにパワフルさを感じます。いつも助けてもらっています。自然界の一部に融けて、大いなるスピリットに触れて癒されて戻ってくるような感じ。魂が自然界寄りな?ヒトには、かなり頼もしい存在になってくれることでしょう。

こちらはまっすぐに伸びたスリムなワンド様のフォルムで、男性なみのLサイズの私の手でも手の平からはみ出すほど。全長は16cmあります。美人な佇まいは絵になり、日々見とれてしまいそうですね。根元に着いている小さな子どもポイントも可愛い限りです。

産地:内モンゴル
サイズ:
145g
16 cm x 2.5 x 2.4 cm