レムリアンシード『ピュアレイ』ブレス10mm玉・16cm(再入荷1点)

72,000円(税込79,200円)

購入数

ピュアレイをビーズ加工し、作られた希少なブレスレット。原石の透明度と清らかさがさらに際立ち、汚れないピュアな高波動を私たちのエネルギー層に思い出させてくれるでしょう!

2019年夏の入荷から。文章も書き加えていますので、ぜひお読みください。

ブラジル、バイア州の新鉱山で発見されたという新しいレムリアンシード。「ピュアレイ」と名付けられ、特別さを感じる純粋な輝き、奥深くの痛みにさえ届くような癒しの力から、今年始めに日本に紹介されてから、既に多くの人々を惹きつけています。ポイント状の「シード」と、根元・土台部分の「ルーツ」と呼び分けられています。

普段は余り、ブラジルのレムリアンには動かない私なのですが、このピュアレイには非常に感じるものがあり、これまでのブラジル産レムリアンには無い周波数の高さを感じました。最初の仕入れの際に大きなクラスターを1つ入れて、結果的にそれはサロンルームに残すことにしたのですが、それが届いた時の、レムリアのソウルグループに遡るハートの解放と癒しが非常に強く起きたため、「これは特別」と感じて、以後当店でもご紹介を続けて来ました。

このクリスタルの解放の力と同じテーマを持つ、新しいエナジャイズ「レムリアンチャイルド」にも、小さいものを中心に採用しています。聞くところによると、オリジナルのレムリアンシードの元になった水晶の脈であるとも考えられるそうで、その一部が地殻変動などで運ばれ、地表近くにばらまかれたような形で発見されていたのが、オリジナル(と呼ばれて来た)シードたちではないかという推測もされている様子・・それが本当だとすると、初入荷から自分が感じていた、特別な純粋さ、清らかさが、「本来のピュアな状態のまま残されていたレムリアン」という意味で、納得出来ます。

ブラジルのクリスタルは現地で採掘後、流通するまでに内部の透明度を見せるためにファセット等に軽く磨きが入ることが多いそうですが、ピュアレイは地下の晶洞で眠る形で存在していたため、研かれていないにも拘らずのこの輝きは、見るものを惹きつけます。私の印象だと恐らく、比較的若い・新しい水晶だと感じます。とはいえ、だからこそ、地球の歴史からしたら「最近の」レムリア、アトランティスの記憶を宿し、われわれ人類の魂にとって身近な情報を刻んでいるのだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

既に水没したと言われて久しい最初の採掘地は、バイア州お隣のミナスジェライス州、セーラデカブラルの鉱山でした。ブラジルのレムリアンシードはその後、オリジナル鉱山以外のミナスジェライス州などから送り出されていますが、今回、ツーソン2019から日本に入ってきて「ピュアレイ=pure ray 」と呼ばれているグループは、個人的には、初期のころのオリジナルのレムリアンシードに似ているな、という印象を持ちました。それは、初期の状態のよい、これぞレムリアンシード、という特徴を踏まえたものに、新しい鉱山というだけあって近いものが出ているゆえかもしれません。

これもまた、時間とともに天然の水晶だけに限りがあり、状況は変化していくことと思います。先端が先細りし、側面に深くレムリアンリッジ(バーコード)が刻まれ、ポイントの形状がレーザーのように勢いがあります。また今回はクラスターの根元部分でしょうか、剥がしとったようなワンド状のもの(「ルーツ」)、中にはそこに一部側面とリッジが残る部分が見られたりと、これまでと一味違う形状も入っていて、興味深いです。綺麗なものをセレクトして来ました。

ブラジルの水晶らしい、ス〜ンと爽やかな感じと、レムリアンの生き物的な優しい存在感に加えて、「ピュアレイ」はやはり新しいレムリアンなのだと思わせる、オクターブの高さと軽やかさを感じさせます。清らかで、名前のとおり純粋な光の体験者のよう。触れているととても、気持ちがよいです。

個人的にはハートが反応し、洗われるような浄化作用を伴う癒しと解放を体験しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10ミリ玉はしっかりした大きさで、大きな存在感にしっかり守られます。
前回入荷の2点がsoldでしたが、1点だけ、同じ10ミリビーズで再入荷しました。

産地:ブラジル バイア州アレグレ鉱山

使用ビーズ:10mm玉

サイズ:内径16cm