パロサント「神の香木」80g

1,500円(税込1,650円)

購入数

ペルー産の香木「パロサント」は南米中央の限られた土地にゆっくりと生育するため、乱獲による絶滅が危惧され、2008年にワシントン条約によって保護されているそうですが、現地政府の正式な許可を得て正規輸入された商品です。仕入れ元の資料から:インカでは邪気祓いや神聖な儀式に使われ、伝統的医術では呼吸器の不調や痛みを和らげる薬草に。香道においては「百楽香」と呼ばれているそうです。

Palo Santo とは神聖な香木、そのままの意味です。中東や西洋のフランキンセンス(乳香)や日本でおなじみのヒノキ等とも違う、独特のかぐわしさで、喩えていうならば、白檀に近いけれどミントの清涼感が混じったような感じ。。ホント、他にはない豊かで深みのある、奥行きのある芳香です。

私はギフトとして、時にパックごと、またちょこっとした話題とともに気軽に1本お分けしたりと、活用していますが、 とても喜んでいただけます。甘く清々しい香りは誰もが良い気持ちになります。防虫のためにタンスにも良いです。そのまま、スティックに火をつけて燃やすというワイルドな方もいらっしゃいます(店主は個人的には勿体なくてそれは出来ないのですが・・)。

そのままお部屋や玄関、祭壇などにシェルのお皿でディスプレイし香りを楽しむのも良いですし、身近な場所に置いておいてクンクンと嗅いでリフレッシュしたり、細かく刻んでチップにして、薫香にも。石や空間の浄化、引き出しなど限られた場所ならば入れておくだけで香りが満たしてくれます。

とにかく良い香り!です。リラックスでき、また適度に頭が冴えるような感じもしてきます。アロマ効果は多いにありそうです。そしてやはり、セージと同じくクリスタルの浄化にぜひ、ご活用ください。刻んでチップとして燃やす、あるいはそのままで石と一緒に置いたり、ポイントの石をもたせ掛けたり、などなど。

今後の入荷予定はありませんので、在庫限りとなります。

1パック:75〜100g(平均として80g)

産地:ペルー