ルナメテオライト(月隕石 NWA11474)原石・K18ペントップ

85,000円(税込93,500円)

購入数

月からやってきた成分であると判明した、2017年にアルジェリア(アフリカ北西部)で発見された隕石。正式名称は、NWA(北西アフリカ=Northwest Arfica:発見地を示す名称)11474。

仕入れ元からの情報によると、月由来の隕石はこれまで、南極で発見されることが多かったそうですが、サハラ砂漠で発見されたこちらの隕石は、鉱物組成としては輝石、ペリドット、フェルドスパーなどを含む石質隕石で、分析の結果、かつての月面調査で持ち帰られたサンプルとの比較から、月の成分を含んでいることが判明したそうです。

地球上でも希少な存在のルナメテオライトを、K18・イエローゴールド金具でペントップにしています。

仕入れで訪れた業者さんにて拝見した折、ケースが開いた途端にこの小さな石から放射されるように顔面に、全身にゴールドの光が吹き出してくるように感じて、びっくりした私。隕石は個人的にも好きですが、いつもそのパワフルさには驚かされます。ギンギンに強すぎて苦手という隕石もあるのですが、こちらのルナメテオライトはビリビリじんじんとしながらも、懐かしいような感じに包まれました。

手放しがたくなり、1点、セレクトして来ました。

K18のツメでしっかりと止まっていて、加工の仕上がりも良い品です。専用のフィルムケースに入っています。

神智学的な見地では、月はかつての地球、古い古い地球そのものであるとも言います。地球と月は途中で別れたという話もありますね。月に感じる懐かしさや、母性的な響きのようなものが、目の前にあると感じるような不思議な体験をもたらしてくれる原石。ペントップ仕上げである点も、おすすめです!

証明書(英語)と専用ケース付き。

石サイズ
1.2 x 1.1 x 0.3 cm

金具含めたサイズ
1.7 x 1.2 x 0.4 cm