ザギマウンテンクオーツ原石・虹&レコード入り108g

16,000円(税込17,280円)

過日、インスタグラムで予告させて頂いたザギ(あるいは「サギ」)マウンテンクオーツ。リュミエールの旧サイトのページを振り返ると、それほど回数はご紹介出来ていないのですが・・店主は密かに大好きな石のひとつです。今回、久しぶりに綺麗な色、程よいサイズを見つけて、セレクトしてきました。

旧ページのご紹介文:
ご存知でしょうか、サギマウンテンクオーツ。店主は数年前に一度、その魅力に恋をして以来、自宅や身近にいつも置いている石のひとつです。積極的かつ安定したエナジーは頼れる存在感です。

それほど出回っていないけれど、好きな人はかなりはまってしまう、独特の魅力があります。野性的で粗野な印象の石が多く、それが魅力でもあります。野性的なものが多く、色も濁っていたりしても、サギの場合はまた別の次元で魅力を持っていて、「男気」のようなものを感じさせます。

体に載せたり、額に載せたり。パワフル!と言われるサギマウンテンクオーツですが、こちらはそれだけではい、透明度の高さから清々しい清涼なエナジーをも感じさせます。お守りやワークに。コレクションに。

・・・・・・・・・・・・・・

パキスタン、ザギ山の鉱山で採掘されるこのクオーツは、欧米のヒーラー、スピリチュアリストにそのパサフルさを見出され、紹介されました。見た目が「美しい!」という訳ではないのですが、それぞれに深い味があり、角閃石系の内包で様々な色のヴァリエーションがあり、またそれにより風合いもさまざま。

(インスタグラムの文章を編集)今の地球の調べのフィルターを通すと「荒々しい」「やや泥臭い」ように見えてしまうかもしれない、古い地球の表現に通じる強さや温かさ、熱さ、を継承しつつ、今の地球の洗練の響きにも適応しつつあるような。そんな位置付けにあるのが、このあたり・・中東の石たちという気がします。

エジリンの黒く太い線状のインクルーズ、オレンジ系に発色しているアストロフィライト、などが、ザギたちを個性的に見せている特徴でもある。男気があって、上記の「洗練」と「野性味」のバランスが何とも言えず魅力的。人でいうと知性とセンスの良さもあるけれど逞しい冒険野郎・・みたいな(笑)文武両道な感じ。

ブーム!という感じで出回っていた時に比べて今は静まっているかもしれないけど、話題性や流行とは関係なく、石たちの魅力と個性は変わることはありません。

水晶好きな方、石好きな方でザギをまだ試していないという方はぜひおすすめ。




インスタ紹介の全在庫、最後の1点です。ポイントの先端を思わせるファセット部分にレコード三角形も見え、自然光ではわかりにくいのですが、綺麗な虹が出ます。このように素朴な色や形の中に、鮮やかな虹を内包するようなところも、ザギの魅力といえます。黒い成分の付着や、内部、透明度の高い面から覗くと白いふわふわっとした内包物も含んでいて、面白いです。

産地:パキスタン ザギ山鉱山

サイズ:
108g
6.0 x 4.6 x 2.3 cm